読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山を愛する霊覚者・たきざわ彰人です(祈)†

元画家、山を愛する霊覚者です。果てしない山へのアタック及び高負荷の作品描画によって霊性発現となりました。イエス様の怒涛の連続顕現に浴させて頂き、イエス様のご意志に従い霊的知識普及の使命遂行中です。イエス様ハンドリング(霊の導きに従う)により人食人種【蛮族】は滅亡し、最高の環境を得て交霊会を執り行います(祈)†

“愛の試練(霊障イペルマルシェ)”について、僕にできる精一杯の説明をさせて頂きます(祈)†

【“愛の試練(霊障イペルマルシェ)”について、僕にできる精一杯の説明をさせて頂きます(祈)†】2014年7月10日、イエス様は「地球ワースト1」の天皇一族を滅亡させるため「隔離フィールド」を発動させ、僕とバカ(未熟霊)を霊的フィールドで包み、聖戦状態に突入させました。

それ以降の僕は、バカ(未熟霊)の声を24時間(寝ている時以外)ずっと霊聴に響かせられる生活に突入“させられた”訳ですが、イエス様(要するに霊団)が僕とバカ(未熟霊)を隔離フィールドで包んだ理由は、僕に「天皇一族」を倒すだけの精神力を身につけさせるため、という事だったのです。

天皇一族を滅亡させるために使用する“霊の道具”の僕を鍛えるために、イエス様が降らせた第1の試練「隔離フィールド内の聖戦」について、永久凍結させられた前アカウントで、もちろんブログを書いていますので、まずはそちらをご紹介致します。こちらです。→

-----
■2015年1月9日にUPしたブログ「隔離フィールド予想図」
https://t.co/RFt7pGCUrr
■2015年1月15日にUPしたブログ「『邪霊』『悪霊』という言葉は国語辞典から抹消すべきです」
https://t.co/LBgxwxBOjv
-----

この2014年の時の僕は、何としても自身を霊媒とした交霊会を行おうと活動していた時で(それももちろん霊団に言われての事だったのですよ)サークルメンバー集めに奔走していました。そしてついには霊団からの霊的情報に基いて「天皇一族」に向けてサークルメンバーお誘いのブログを書くまでに→

→なっていたのです。その「日本の象徴“ある方々”へ」というタイトルのブログをUPした直後に「隔離フィールド」は発動した訳です。しかし僕は「イエス様の怒涛の連続顕現」以降、常に霊団の導きに従って使命遂行をしていますので、要するにイエス様はじめ上層界の高級霊の方々が、→

天皇一族を滅亡させるために、インスピレーションによって僕をその方向に“仕向けた”という事になります。そしてバカ(未熟霊)と「隔離フィールド内の聖戦」に突入した訳ですが、ここで今回のブログを理解するにあたって重要となる「キーワード」を発表させて頂きます。

それは【嫉妬(しっと)】という感情です。「愛の試練(霊障イペルマルシェ)」という、現在日本で入手できるどの霊関連書籍にも全く同様の記述がない、完全に異次元の霊現象を皆さまにご理解頂くにあたり、この【嫉妬心】が大きく関わってきます。2012年6月、霊性発現を果たし、→

→霊団からの霊力に感応できるようになった僕は、今まで生きてきて全く味わった事のない様々な新たな霊的体験を、霊団主導で毎日のように摂取し、段階的に霊的学びを得て、そのつど人格が精練され、霊格も向上していきました。そしてその霊的体験の中には、地縛霊からの嫉妬攻撃もたくさん→

→含まれていたのです。皆さま、ここでお間違いのないようにして頂きたいのは、霊界は霊格による厳然たる上下関係の世界だという事です。霊格高き者が、霊格低き者を統治する世界だという事です。つまり僕が幽体離脱中に受けた地縛霊からの嫉妬攻撃も、霊団の管理下で行われていたものであり、→

→断じて地縛霊が上位、優位に立って僕を攻撃していたのではない、という事です。上層界の高級霊は、下層界の低級霊に対して影響力を行使できますが、下層界の霊は、自分の暮らしている界層より上の境涯についての情報を得る事ができません。つまり、霊格の高い者は自分より霊格の低い者についての→

→情報を得る事ができますが、霊格の低い者は、自分より霊格の高い者についての情報を得られないという事です。得ようと思ったら自分の霊格を上げる、向上する以外にない、という事です。そして2012年の時点で僕の霊格は、霊団の霊的指導のおかげで4界にまで到達していました。

未熟なる地縛霊の霊格はもちろん1界です。(※ブログ「霊界界層図について」http://akito-takizawa.tumblr.com/post/145075041020/ にて説明している界層の考え方でお話しています)ですので1界の地縛霊が4界の僕を自由に攻撃できるという事は有り得ません。ましてや憑依などできる訳がありません。

憑依は霊格の近い者同士の間で発生する霊現象です。1界の地縛霊が4界の僕に憑依などできる訳がないのです。(霊関連書籍「迷える霊との対話」をお読み頂ければ理解できます)つまり霊団が僕に学びを与えるために、幽体離脱中の僕に対して地縛霊の“嫉妬攻撃”を“浴びさせた”という事です。

低級霊たちが囚われている“嫉妬”の感情を効果的に僕に学ばせるため、という事です。その、地縛霊が僕に嫉妬する理由ですが、ひとつ皆さまにも分かりやすい例を取り上げてみます。それは“容姿、性格”です。肉体の僕は生え際が後退している白い坊主のオサンですが(笑)→

→霊体の僕は、霊格が6界に到達しているという事もあり、20歳の空気感でとても容姿が美しいのだそうです。霊関連書籍「ベールの彼方の生活1巻~4巻」をぜひお読み頂きたいのですが、高級霊の方々はみな、大変お美しい霊体をまとっており、低級霊、未熟霊はとても醜い幽体をまとっています。

そして高級霊の方々は試練を克服して人格が高潔を極めていますから、人々に好かれる性格をしています。醜い容姿で性格も未熟、劣悪な低級霊が、そんな高級霊の事を【嫉妬】するのはよくわかる話ですね?これは物質界(地上)にもあてはまるお話ですね?美しい姿で性格も良く、人々に好かれる人は、→

→そうでない者から嫉妬されますよね?霊界も人間界です。いえ、霊界こそ人間界であり、この物質界は試練を浴びるために降下してくるトレーニングセンターです。はい、ここでひとつだけ、僕が霊性発現ごく初期の頃に浴びた、地縛霊からの“嫉妬攻撃”について紹介させて頂きます。

それはトランスを維持していた時です。僕の霊視にイエス様のお顔が顕現されました。しかし次の瞬間、そのイエス様のお顔がグニャリと歪まされてしまい、その歪みを戻して再びイエス様のお顔のイメージを整えようとするのですが、さらにグニャリとさせられてしまい、結局イエス様のお顔のイメージを→

→正しく、美しく霊視に拝する事ができずに終わってしまったのです。そしてそのままトランスを維持していると、次の瞬間「ステンドグラス」のイメージが霊視に降ってきたのです。このステンドグラスは“教会”を表しています。つまり地上時代、キリスト教者として誤った教義とドグマを信じ続け、→

→その誤った認識が正される事なく帰幽し、下層界で相変わらず無意味な宗教儀式に明け暮れているキリスト教神父の地縛霊が、何度もイエス様のお顔の顕現に拝させて頂いている僕に対して“嫉妬攻撃”を仕掛けてきたという事なのです。「なぜキリスト教信者でないお前が主の顕現を受けているのだ!」→

→「一生を主の信奉に捧げた私ですら1度も主の顔を見た事がないのに!許せぬ!」といった感じに。キリスト教者はイエス様を神に祭り上げ、誤った知識を地上に振り撒き続けてきました。その誤った行いが原因で向上もできず下層界にいつまでも留まっているのです。そのクリスチャン地縛霊からの→

→嫉妬攻撃だった訳です。はい、ではここで前アカウントのブログで僕が公言していたこの言葉を再紹介させて頂きます。「嫉妬心が1ミリもない」です。僕は山への果てしないアタック、そして画家の試練ドリームワークによって“嫉妬心”を超越しています。僕には嫉妬心がないのです。

僕はケコーンの意思はありませんが、例えば僕に愛する妻がいたとしましょう。その妻が「私これから浮気相手に会いに行くわ♪」と僕に言ったとしましょう。それを受けて僕は、愛する妻に「どうぞどうぞ行っていいわよ♪」と返します。ご覧の皆さまには僕のこの感情が全く理解できない事でしょう。

が、妻は僕の所有物ではありません。妻を愛すればこそ、妻の“自由意志”を尊重する訳です。僕はそういう心境に到達しているのです。厳然たる真実です。イエス様はじめ上層界の高級霊の方々は、素晴らしく満たされた生活を送っていますので“欲する”という事がありません。

神の恩寵に日々浴し、満足しきっていますので、あとは足らざる者に“与える”のみという心境になります。僕も地上に身を置きながら、その心境に到達しているという事なのです。まぁ、このお話は何をどう説明してもご覧の皆さまにはお分かり頂けない事と思いますが…(哀)

はい、ではここで「隔離フィールド」に包まれたバカ(未熟霊)に話を戻しましょう。このバカですが、僕に嫉妬の感情を抱く多くの地縛霊の中から、僕の精神力をより効果的に鍛えるために霊団から特別に選ばれた究極のバカだったという事です。霊団の導きのおかげで霊的向上を続けている僕、→

→そして何より、ピーチピチ(佳子)が僕を好きになった事に対する嫉妬の炎に燃えた究極のバカだった訳です。このバカ(未熟霊)が僕の霊聴に響かせてきた言葉は、まさにバカの究極形ともいえるもので、要するにピーチピチ(佳子)と僕が一緒にならないように、僕を日本の中心以外の方向に→

→扇動しようとして、果てしなく僕の使命遂行とは全然関係ない言葉を霊聴に響かせ続けてきたのです。腹の立つ言葉、頭にくる言葉を休みなく僕の霊聴に響かせてくるのです。本当に皆さまには想像もつかない事と思いますが、僕はそのバカ(未熟霊)の嫉妬攻撃を相当の短期間(正味1ヶ月)で克服し→

→「オールスルー(完全無視)」という心の境地に達しました。バカ(未熟霊)に何を言われようと一切無視して使命を遂行する、その鉄の精神力に到達した、という事です。この時点(2014年8月中旬)をもって僕とバカ(未熟霊)の聖戦は事実上、僕の勝利となり、このタイミングで、→

幽体離脱時に守護霊様との2回目の面会を果たしたのでした。1回目の面会の時とは全然違う、想像を絶する美しいお姿での顕現だったのです。つまり、先程も説明させて頂いた通り、守護霊様も僕を導く中で進歩向上を果たし、霊格が上がって美を増された、という事なのです。

【美なるものは真なり】という言葉がありますが、この言葉はまさに真実を言い表しているのです。そのお美しい姿の守護霊様を、アナログ絵08で初めて描き、それ以降はずっとその2回目にお会いした時の守護霊様を描き続けているのです。

f:id:ar7-akito-takizawa:20170225105514j:plain

はい、「隔離フィールド内の聖戦」に勝利し、ここからいよいよ天皇一族を滅亡させるために道具の僕を鍛える第2の試練【愛の試練(霊障イペルマルシェ)】を霊団が降らせ始めます。まず初期の頃に浴びせられていた霊的試練の内容は、MP3の方でお話していますので、そちらをお聞き頂くとして、→

-----
■2016年2月19日UP■
■『愛の試練(霊障イペルマルシェ)』についてお話をさせて頂いたMP3(2015年8月20日録音)“ある部分”をカットして再UPさせて頂きます(祈)http://spiritualist.sakura.ne.jp/160219.html
-----

→そのMP3でお話させて頂いた試練を全て克服して以降に降ってきた、さらなる「愛の試練」の内容について、皆さまにご紹介させて頂こうと思います。それは霊団が、車を運転中の僕の目を強制的に閉じさせてくる、そして強制的に意識を飛ばさせて0.1秒くらい寝かせてくる、というものです。

MP3の方でも説明しています通り、霊団が僕のダブル(複体)に対して霊力を行使し、それが僕の肉体にも表れて目を閉じさせられ、意識を飛ばさせられるという事です。皆さま宜しいですか?運転中ですよ。運転中に強制的に目を閉じさせられるのですよ。僕は顔の筋肉に目いっぱい力を入れて→

→目を閉じさせられないように抵抗します。が、霊団の威力の方が上ですので、僕はどうしても目を閉じさせられてしまうのです。そして0.1秒だけ眠らされて、その瞬間、僕の首はガクッと下に落ち、直後にハッと目が覚めてハンドルを修正するのです。その邪魔のために僕の運転する車は右に左に→

→大きく蛇行し、何度も反対車線に飛び出し、何度となくガードレールに衝突しそうになるのです。皆さま宜しいですか?断じて、断じて、居眠り運転ではありませんよ。霊団が運転中の僕をその状態に、しかも何度も何度もしつこくしつこく徹底的に追い込んでくるのですよ。

分かりやすい表現をするならば、霊団メンバーが運転席の真うしろにいて、運転中の僕の目を手で塞いでくる、そんな絵を想像して頂ければいいのではないでしょうか。僕は毎日車に乗ります。つまり毎日霊団と「命がけの闘い」をしている、という事になるのです。この状況にさせられている→

→僕の精神状態をぜひご想像頂きたいと思うのですが、僕はイエス様に「怒涛の連続顕現」でお願いされて地上に残っている霊の道具です。その道具を霊団が事故らせよう事故らせようとしてくるのです。それも毎日です。皆さま、お分かりになりますか?僕は…それはもう究極に“怒り”に包まれる訳です。

これまで運転中に車内で何百回怒りのシャウトをした事でしょう。数え切れません。この寝かせてくる試練、現在も続いているのです。つまり僕の精神力を徹底的に!徹底的に!鍛えている訳ですが、本当に許せない気持ちでいっぱいになるのです。あなた方のご意思を遂行するために地上に残っているのに→

→その道具の僕を毎日殺そうとしてくる…霊団、頭おかしいんじゃねぃのか?当然こういう思念を抱く訳です。本当に許せないのです。この、霊団が僕に仕掛けてくる“MAXにムカつく”霊的試練に比べれば、地上人からの軽蔑、嘲笑、嫉妬攻撃など完全に子供のオモチャなのです。

全く取るに足らないものだと心底思えるようになるのです。ただ、この“寝かせてくる試練”ですが、これは僕の支配霊、モーリス・バーバネル氏が僕を霊媒として使用するにあたり、僕を強制的に入神、幽体離脱、いわゆる寝かせる練習も兼ねているのです。僕の精神力を鍛える試練でもあり、→

→バーバネル氏が支配霊として仕事をするための練習でもあるという事です。なので僕としても何とか怒りを首の皮1枚こらえて、毎日の運転をしているという事なのです。皆さま、このお話、ご理解頂けるでしょうか?

f:id:ar7-akito-takizawa:20170201081441j:plain

この愛の試練(霊障イペルマルシェ)の厳しさに比べれば、天皇一族が僕を暗殺しようと企んでいる事など完全に子供の遊びなのです。僕は毎日、霊団と命がけの闘いをしているんだよ、笑わせるんじゃないよ…と、そういう気分にさせられるのです。

f:id:ar7-akito-takizawa:20170125080544j:plain

霊団が僕を、そう思える精神状態にまで高めさせた、という事なのです。それで、僕は暗殺の危機に身を浸しながらも1歩も退かずに使命遂行を続けてこられたのです。さらにこの“寝かせてくる試練”、実はツイート中も仕掛けてくるのです。僕は毎日怒涛にツイートしていますが、→

→そのコピペツイート中にも霊団が僕の目を強制的に閉じさせてくるのです。僕は顔の筋肉に目いっぱい力を入れて目を閉じさせられないようにしつつ、セブンのカリカリ梅を食べながら寝かせられないようにしてツイートしているのです。本当に理不尽の究極形とも言える“嫌がらせ”を霊団から→

→毎日受けているのです。僕のツイートはイコール使命遂行、イエス様のご意思遂行です。その使命遂行を霊団が毎日ど真ん中で邪魔してくるのです。あなた方が僕にお願いをしたから僕はこの作業をしているのでしょう?それを毎日邪魔してくるって、本当に頭おかしいんじゃねぃのか?という気分に→

→させられ、究極に頭にくるのです。が、これもとにかく、天皇一族を滅亡させるために必要な精神力を僕に身につけさせるための精神的試練という事なのです。ご覧の皆さま、いかがでしょうか、この説明でご理解頂けたでしょうか。

f:id:ar7-akito-takizawa:20170225105630j:plain

はい「愛の試練(霊障イペルマルシェ)」の説明はここまでと致します。語りたい事はまだまだたくさんあるのですが、皆さまに僕の愚痴をこれ以上聞かせる訳にも行きませんからね(笑)最後に、先程発表したキーワード【嫉妬】について書かせて頂きます。低劣な思念を心に宿し、醜い幽体をまとって→

→下層界に落ちている低級霊の集団は、高潔な思念を心に宿し、美しい霊体をまとい、霊体から友愛を放射し、人々に好かれている高級霊の方々に対して「嫉妬」の念を抱きます。隔離フィールドに捉えられたバカ(未熟霊)も、霊的に向上を果たした僕に嫉妬の念を抱き、→

→僕を間違った方向に扇動しようとアホの限りを尽くしていました。ここで、あまりに内容が霊的すぎて僕のブログを信じようにも信じ切れずにいるであろう多くの方々に、僕、たきざわ彰人からこのような問いかけをしたいと思うのです。もし、僕の霊団のメンバーが「嫉妬心」という低劣な感情に→

→とらわれた低級霊の集団であったなら、僕をこうして日本の中心に導きますか?嫉妬心にかられた者たちが、天皇一族の悪の正体に関する情報を僕にココまで教えてブログを書かせますか?悪を滅ぼそうとする僕に対して嫉妬心を抱く者たちなのですから、逆に僕に悪をそそのかし、→

→楽なルートを僕の眼前に提示し、堕落させ、金を儲けさせて物的な事に興味を抱かせ、日本の中心から興味を失わせようと扇動してくるはずですよね?あの、隔離フィールドに捕らえられたバカ(未熟霊)のように。ここでひとつ、霊関連書籍「ベールの彼方の生活」にて紹介されている、→

→嫉妬心から卒業して指導霊と共に祝福を受ける霊のお話を紹介させて頂きます。こちらです。→
-----
『ベールの彼方の生活①』一章1 霊界の風景
https://t.co/Lm2PmVfJvp
-----

イエス様(要するに霊団)は【地球ワースト1】この地球上で最も邪悪な人間である天皇一族を葬り去るために僕という霊の道具を使用しています。奴隷の女の子をレイプしまくり、四肢切断して強姦殺人しまくり、その死肉を食べる事を人生の喜びとしている、この究極の悪を地上から無くそうとして→

→いるのです。その悲願を達成させるために「怒涛の連続顕現」で僕を地上に残し「愛の試練(霊障イペルマルシェ)」で徹底的に僕の精神力を鍛え続けてこられたのです。なぜイエス様はそこまでする必要があったのでしょうか?僕のブログの内容に疑問を抱く多くの方々へ。

この霊的試練は現在も続いているのです。僕は毎日、霊団と命がけの闘いをしているのです。なぜそこまでするのだと思いますか?皆さま、もうお分かりですね。それはイエス様はじめ高級霊の方々が、地球上で最も邪悪な天皇一族を消滅させるという悲願を成就するために、霊の道具である僕を→

→徹底的に鍛え続けておられる、という事なのです。【嫉妬心】に燃えた低級霊が、そのような正義の導きを僕に対してするはずがないでしょう?堕落させてくるに決まっているでしょう?もっとも、地縛霊の軍団と僕とでは霊格に差がありすぎるので、霊団が特別に許可でもしない限り、→

→地縛たちは僕に手も出せないのです。先ほどもお話しましたように、霊界は完全なる上下関係の世界なのですから。はい、ずっと書きたいと心に引っかかっていたこのブログ、超長文ですがようやく書き上げる事ができました。ブログ、ツイッターにてイエス様のご意思遂行の様子を常にご報告させて→

→頂いていますが、僕は決して階段を下りては行きません。階段とはどういう事かと言いますと、あくまでも霊性発現を果たして霊力に感応できるようになった、その霊的体験を元にし、さらに守護霊様の導きのおかげで得る事ができた霊的知識に基いてブログを書く、という意味です。

僕が書くブログは「霊的内容」であり、物的な情報に基いて物的なブログは決して書かないという事です。物的な鈍重な波長に下りて行かない…階段とはそういう意味です。日本には優れた霊関連書籍がたくさんあります。教材は揃っており、→

f:id:ar7-akito-takizawa:20170225105721j:plain

f:id:ar7-akito-takizawa:20170225105745j:plain

→いつでも簡単に購入できるのです。ご覧の皆さまにはぜひ「シルバーバーチの霊訓」をはじめとした珠玉の書籍に触れて、霊的知識を摂取して頂きたいと思うのです。ブログ「3度目のUP「霊」関連書籍の総括」http://akito-takizawa.tumblr.com/post/143964276105/ を参照してみて下さい。

僕は階段を下りません。皆さまに階段を上がってきて頂きたいのです。そうでなければ、いつまでたっても僕たち日本人は霊的に進歩向上できない、という事になってしまいます。皆さまにもぜひ、地上に降下した意味を理解し、試練に立ち向かって霊的に向上する道を歩んで頂きたいと思うのです。

愛の試練、霊障イペルマルシェは現在も続いているのです。壮絶を極める精神的試練を、僕は毎日霊団から浴びせられながら日常生活を送っているのです。誰が遊びで画家の人生を捨てて本来の自分と全然違う活動をするものですか。山での修業と、画家の試練ドリームワークによって霊性発現を果たし、→

霊団の霊力に感応できるようになったのに、誰が物的情報で動くものですか。インスピレーションに従ったから、天皇一族をここまで攻撃できたのではないですか。僕はイエス様との約束【天皇一族の滅亡】を全存在をかけて果たす覚悟なのです(祈)†

f:id:ar7-akito-takizawa:20170225105845j:plain

f:id:ar7-akito-takizawa:20170225105917j:plain

霊団が降らせた僕の未来に関するインスピレーションについて

【霊団が降らせた僕の未来に関するインスピレーションについて】昨日のインスピレーションの内容は、公言の限りを尽くす性格の僕でもツイートしにくい内容だったのですが、霊団が降らせてきたからには、それを記録として残さねばなりません。僕の頭の中にだけ閉じ込めておいたら使命遂行に→

→なりませんので、ショートブログという形にて書き残す事としました。昨日のインスピレーション、この順番で降ってきたのです。「チキショー!」「やれよ」「じゃ、やらして頂きます」「ど真ん中」「あ、先生おはようございます」えー、僕のブログを通読しておられる方なら、このメセの意味が→

→お分かりになる事と思います。「チキショー!」は秋篠宮文仁の思念です。あとの4つは、2015年3月に受け取らせて頂いたインスピレーション「王族誕生」「認王(にんのう)」と関係があります。えー(滝汗)大変説明しにくい内容のため、今回は皆さまの判断にお任せする事と致します。

ブログ「イエス様に「あとは私にそっくりだ」というお言葉をちょうだい致しました http://bit.ly/2ax9iCA 」とも関連があります。イエス様はじめ霊界の方々が、僕をどこへ導いたのか…皆さま、お分かりですね?(祈)†

f:id:ar7-akito-takizawa:20170202085411j:plain

“強姦殺人魔をこれ以上保護できません”ポリーチェ(POLICE)!殺人鬼の天皇一族を逮捕せよ!(祈)†

【“強姦殺人魔をこれ以上保護できません”ポリーチェ(POLICE)!殺人鬼の天皇一族を逮捕せよ!(祈)†】1月25日に霊団から「使命遂行完了」とインスピレーションを受け取らせて頂いていますが、それを裏付けるようなメッセージを今回受け取る事となりました。それがこちら→

→「強姦殺人魔をこれ以上保護できません」というポリーチェ(POLICE)の思念です。僕は前アカウントから一貫して「ポリーチェ動け!殺人鬼の天皇一族を逮捕せよ!」とずっと!ずっと!公言し続けてきましたが、ようやく、本当にようやく→

f:id:ar7-akito-takizawa:20170201081219j:plain

→ポリーチェが重い腰を上げる…そのようにも聞こえるメッセージです。これまで果てしなく説明させて頂いてきましたが、天皇一族は美人の母親から女の子の赤ちゃんを盗みまくり、出生証明を出さずに邸内地下に閉じ込めて幼い時からレイプしまくり、→

f:id:ar7-akito-takizawa:20170201081249j:plain

→大人になる前に四肢切断して強姦殺人し、その死肉を食べる事を至上の喜びとして続けている【地球ワースト1】この地球上で最も邪悪な人間たちです。【処刑遊び】奴隷の女の子たちを遊びで、楽しんで殺しまくっているのです。

f:id:ar7-akito-takizawa:20170201081319j:plain

ブログ「切断死体の撮影 https://t.co/j9LHvpo3z6 」をはじめ、ご覧の皆さまにはぜひ、僕のブログを深いレイヤーまで読み込んで、天皇一族の悪の正体について正しい理解に到達して頂きたいと願わずにはいられませんが、霊団が「任務終了、確定、使命遂行完了」と仰るように→

→いよいよ天皇一族の滅亡の時が近づいています。その、滅亡させるべき天皇一族男子4名(明仁徳仁文仁悠仁)の中で、まずは“悠仁が死ぬ”と霊団から情報を得ています。インスピレーション「ホント死ぬ、小学生が死ぬ、早く死んで、まずは悠仁が自殺」とも受け取らせて頂いています。

その、悠仁が自殺に至る経緯について、僕なりに説明をさせて頂いたMP3もUPしてありますので、そちらもご紹介致します。こちらです→

-----
ショート録音「ツイート「霊団は、まず悠仁が死ぬと仰ってます」について説明させて頂きました(祈)†」
僕のサーバー
http://spiritualist.sakura.ne.jp/170131.html
-----

f:id:ar7-akito-takizawa:20170201081405j:plain

霊団のご意思「早く死んで」ですから、僕よりも霊団が天皇一族の滅亡を切望し、僕という道具を介してその悲願を成就しようとしている事がお分かり頂けると思うのです。インスピレーション「うまく行ってる、ごきげんなんだ、任せておけ、霊団ドキドキです、あぁよかった」→

→「この時を待っていたのです、これほど貴重なものはない」と、このように霊団のご意思を受け取らせて頂いています。このインスピレーションを読めば皆さまにもご理解頂ける事と思いますが、とにかくイエス様はじめ霊界の方々は、この天皇一族の蛮行を許さない、必ず滅亡させるという→

→強固なるご意思で僕という道具を使用し続けている、という事なのです。「強姦殺人魔の天皇一族を滅ぼす事ができて、あぁよかった」ですからね。さぁ、MP3でもお話しましたが、悠仁は僕がUPし続けているモザイクなしの「強姦殺人経験済」の画像を受けて、報道は全くありませんが→

→間違いなく学校で猛烈なイジメを受けている事でしょう。そして実際に強姦殺人罪および人食人種の罪で逮捕されて少年院に送られれば、これまた間違いなく、他の少年たちに囲まれて毎日リンチを受ける事でしょう。それを恐れて、4人の中で真っ先に悠仁が自殺…霊団はそのように仰っているのです。

で、実はこの“まず悠仁が死ぬ”のインスピレーションを受け取らせて頂いた時、僕はそれを枕元のスマホでツイートしたのですが、その時、スマホを操作する僕の指が、僕の意思に関係なくサクサク動いたのです。これは僕の支配霊、M・バーバネル氏が→

f:id:ar7-akito-takizawa:20170201081441j:plain

f:id:ar7-akito-takizawa:20170201081451j:plain

f:id:ar7-akito-takizawa:20170201081457j:plain

→交霊会の時に僕を操作するのと同じ要領で僕の指を操作した訳ですが、要するに僕にこのツイートをして欲しくて僕の指を操作した訳ですね。その時の僕は有意識状態(トランス)でしたので、自分の指が勝手に動く様子を実際に肉眼で見て、何とも不思議な、そして面白い感覚だったのです(笑)

まぁ、指が操作されたのは最初だけで、あとは自分で撃ってツイートしたのですが。さらに少し前には、撃った覚えのないこのようなツイートもありました。この時の僕は幽体離脱中で、僕の本体(霊)は霊体をまとって霊界に赴いていて、→

f:id:ar7-akito-takizawa:20170201081518j:plain

→肉体はカラの状態でした。その肉体をバーバネル氏が使用してこのツイートをした訳ですが、これは完全に“交霊会”でバーバネル氏が僕の肉体を使用して霊言を語るシチュエーションと同一の現象ですね。霊団側は、天皇一族の滅亡、そして交霊会開催の準備も着々と進めておられる、→

→という事がよくわかる現象だったのです。インスピレーション「やはりこの環境でやるのがMAXですね、おい!どけ!」からもそれがお分かり頂けると思うのです。僕のブログ、ツイッターのプロフィールにも書いてありますように、霊団は、僕をただ霊媒として発動させるのではなく、→

→僕から降る霊言が日本中に、世界中にMAXに広まる、普及効果が最大となる環境にて僕を機能させようとしているのです。「おい!どけ!」霊団は天皇一族を逮捕に追い込んで排除し、インスピレーション「もうおそい、突入です」にもありますように、僕をその日本の中心に突入させ、→

→そこで霊媒として機能させる、つまり交霊会を行おうとしているという事なのです。霊団側の、僕を霊媒として使用する練習は2013年から果てしなく繰り返され、もう完全に準備オケーの状態です。邪悪の大中心、天皇一族が霊団の導きの威力によって排除され、1日も早く交霊会が行える状況に→

→なる事を、僕としても願わずにはいられません。(このテキストを撃った時、僕の物的脳髄に霊力が降ってきて軽く法悦のような状態になりました。僕よりも霊団の方が何十倍も交霊会開催を切望しているという事です)

f:id:ar7-akito-takizawa:20170201081550j:plain

はい、そして天皇一族の思念も多数受け取らせて頂いています。こちらです。「ギブアップ、あとは出てくんの大変です、セブン嫉妬、頭の中が完全にガキなんですよ、ひたすらウソをつく一族、やめますバイバーイ、喰いたい最高に気に入ってる、石鹸だよチクショー」はい、まずは→

→“あとは出てくんの大変です”ですが、これは天皇一族(明仁徳仁文仁)が逮捕されて独房から全然出られないという意味ですね。想像を絶する人数の女の子を遊びで強姦殺人しまくっている人間に自由など与えられる訳がありません。奴隷の女の子の人生を奪い続けてきた天皇一族男子は、→

→自身の人生も奪われて当然なのです。霊団があなた方に完全にトドメを刺すのです。観念しなさい。そして“セブン嫉妬”の部分ですが、これはブログ「セブンを“クビにさせられた”真相について https://t.co/kSjZKAfHJl 」にもありますように、→

→僕は天皇一族に裏から手を回されてセブンを離れさせられた訳ですが、その、天皇一族が僕をクビにした動機の中に、セブンの中で人気を得ていた僕に対する単純極まりない、幼稚の極致ともいえる“嫉妬”があった、という事を霊団から教えて頂きました。

ブログ「バ〇として扱う https://t.co/zrtavvLxZM 」にも書きましたように、国民に完全にバ〇扱いされ、奴隷の女の子たちにもMAXに嫌われている天皇一族男子が、自分の不人気を棚に上げて僕に嫉妬して裏から手を回した、という事なのです。

本当に…皆さま、いかがですか?完全に呆れ果てますよね。強姦殺人魔が人気を得られる訳がないだろう。“ひたすらウソをつく一族”あなた方はウソのかたまりです。宮内庁を駆使して発布する情報も全てウソです。“やめますバイバーイ”あなた方には地上生活中にも存分に罰を浴びて頂きます。

そして帰幽後に正真正銘の地獄が待っています。“喰いたい最高に気に入ってる”これは少女の肉を食べるのを最高に気に入ってるという意味です。原始人は消滅せよ。“石鹸だよチクショー”これはイエス様ハンドリング(霊の導きに従う)により、日本の中心に長らくはびこっていた邪悪が一掃され、→

→清浄になる、という意味です。邪悪まみれの殺人鬼、ウソまみれの強姦殺人魔には消えて頂きます。それがイエス様はじめ上層界の高級霊の方々の積年の悲願だからです。ポリーチェ(POLICE)動け!天皇一族を逮捕せよ!(本気祈)†

f:id:ar7-akito-takizawa:20170201081655j:plain

えー(汗)そしてひとつ、僕的に心に引っかかるインスピレーションがありましたので、そちらを紹介させて頂きます。こちらです。「31がスゴイ、これが仕業とは思えない」ですが、これはアナログ絵31の事をスゴイと思っている方が→

f:id:ar7-akito-takizawa:20170201081732j:plain

→いらっしゃるという意味なのですが、スゴイって何です?このアナログ絵31の何がスゴイのですか?仕業って何です?うーん、分からないなぁ(考)んー、まぁ要するに僕の人間性の事を仰りたいのでしょうが…(悲)えー、仕方ありませんので軽く説明させて頂きますが、→

→僕はケコーンしていませんので子供はいませんが、30代の時は甥っ子、姪っ子の遊び相手を受け持って、いつもその2人と遊んでいました。僕以外の大人たちは子供から離れてお茶して談笑し、僕はその大人たちの輪に入る気が全然なく、子供たちと一緒にいてとても楽しかったのです。

そして嬉しい事に甥っ子、姪っ子、共にとても僕になついてくれていました。何年でしょう、ずいぶん長い時間をその2人と過ごしたのです。僕は自由と孤独を愛する男であり、人と群れて行動する事は全くなく、山へのアタックも常に単独行です。ですが子供たちとは不思議とチャンネルが合うのです。

甥っ子、姪っ子と過ごした長い時間は僕にとって大切な思い出です。実は姪っ子のインスピレーションも数回受け取らせて頂いているのです。今はすっかり大人の女性に成長した姪っ子が、僕のブログ、ツイッターを見てくれているという内容でした。そして僕に向けられる好意の感情も含まれていました。

姪っ子が今も僕の事を好意的に思ってくれている事が分かって、僕も本当に嬉しかったのです。このアナログ絵31は、娘を持った親なら当然こういう風に我が子に接するはずだ、という“当たり前”の絵として描いたつもりなのですが、僕の人格を正しく理解して頂けない多くの方には、→

→この絵が“仕業”何らかのたくらみによって描かれていると感じたのかも知れません。それは僕としては本当に残念です。ご覧の皆さまの中には子供をお持ちの方がたくさんいらっしゃるはずです。今回紹介させて頂いた、僕と甥、姪の思い出をどうご覧になりますか?こんなウソついて何になるのです?

僕はイエス様に“怒涛の連続顕現”でお願いされて、画家の人生を捨てて使命遂行しているのです。毎日のように怒涛にツイートし、長文ブログを徹底的に書きまくる、この活動で僕は1円も得ていないのですよ。

f:id:ar7-akito-takizawa:20170201081811j:plain

ふぅ…この「31がスゴイ」のインスピレーションは、僕的には正直悲しかったです。霊覚者などと名乗る僕は、いつまでもどこまでも誤解、軽蔑、嘲笑を受けねばならないようです。奴隷の女の子たちは助けてくれる親もいなくて、連日のように天皇一族男子からヒドイ暴行を受け、→

→泣きながら生活しているのです。そして救い難い事に、大人になる前に四肢切断されて強姦殺人されるのです。その女の子たちを救出しようとしている僕の(正確には霊団の)活動が、歪曲されて受け止められるのは、本当に悲しく残念な事です。

f:id:ar7-akito-takizawa:20170201081856j:plain

ブログでも書いていますが、僕たち人間は【神】から“神性の火花”を賜って個的存在を獲得した、【神】を父とした“霊的大家族”です。つまり僕たち人間は【神】の御前において絶対的に平等という事です。奴隷の女の子たちは僕たちの“娘”である、“兄弟”である、という事です。

殺される運命の女の子たち、などでは断じてありません。僕たちと同じように地上人生を歩むべく地上に降下している【神の子】です。その奴隷の女の子たちを救出せんとする、僕という道具を使用しての霊団の活動が、皆さまにご理解頂けないとしたら…本当に残念です。

皆さま、アナログ絵31、一体何がスゴイというのですか?どこにでもある、ごく当たり前の風景ではないですか…(哀)

f:id:ar7-akito-takizawa:20170201081931j:plain

では最後に、天皇一族が強姦殺人魔、邪悪の大中心である事を理解して下さった国民の皆さまの思念も受け取らせて頂いていますので、そちらをご紹介させて頂きます。「いい加減にしろ、許されないよ、目が離せない、完全に終わりじゃないか、バカヤロウ、死んじまえ」本当にその通りですね。

奴隷の女の子を【処刑遊び】で殺しまくって【人食人種】少女の死肉を食べる事を最高に気に入っている、そんな人間に生きる資格はありません。僕たち善良な国民の力で、この強姦殺人魔、天皇一族を滅亡させましょう☆悪、闇は欠如した状態であり、善、光は満たされた状態です。

欠如した者が満たされた者に勝てる道理がないのです。これも何度も書いていますが、必ず光が勝つのです。“悪”とは“未熟”の別表現です。地上の試練を全く浴びていない未熟な者が、高級霊の無限の叡智に勝てる訳がないのです。その高級霊の導きに従う「イエス様ハンドリング」が必ず勝つのです。

本当にポリーチェ(POLICE)には、今度こそ、今度こそ、正義の旗印の元にアクションを起こして頂きたいと思います。これ以上、強姦殺人魔を擁護するのは断じて許しません。ポリーチェ!強姦殺人魔、人食人種の天皇一族を逮捕せよ!(祈)†

f:id:ar7-akito-takizawa:20170201082020j:plain

f:id:ar7-akito-takizawa:20170201082036j:plain

※追記 インスピレーション「甘く見ないで頂きたい」これは霊団から僕へのメッセージなのですが、どういう事かと言いますと、僕はイエス様ハンドリングを公言しながらも、霊性発現してからのこの5年間、数え切れないほど霊団に対して“怒りの思念”を放射しています。

それは、霊団の導きがあまりにも厳しすぎる事、僕ひとりに何もかもやらせすぎだという不満、そして霊的には事態が進行していても物的には全くアクションがない事に対する激しい苛立ち、そういった“怒りの思念”を僕は何度となく霊団にぶつけてしまい、バトルに突入してしまっているのです。

が、僕の頭の中には守護霊様の導きのおかげで“霊的知識”がしっかり入っていますので、僕はその怒りを何とか抑えてここまで使命遂行を続けてこれた訳です。そんな怒りに包まれた僕に対する霊団のお言葉「甘く見ないで頂きたい」の意味は、「アキト君、我々の導きの通りに事態は進行している、」→

→「天皇一族は間もなく滅亡する。キミの肉眼には映じなくとも我々には見えているのだ。我々の導きを甘く見ないで頂きたい、信じぬいて進むのだ」と、こんなような意味であると思われるのです。まぁ言わば“お叱り”ですね(滝汗)滅私、謙虚を貫いて霊団のご意思に従い続けるのは→

→本当に“至難の業”なのです。この霊的生活の苦しさ、厳しさは、いくら語っても語り尽くせないものがあるのですが、残念ながらこの物質界に理解者はいないのでしょうね…(祈)†

f:id:ar7-akito-takizawa:20170201082112j:plain

邪悪の大中心、天皇一族が1日も早く滅亡する事を、我らが父【神】に祈ります(本気祈)†

【邪悪の大中心、天皇一族が1日も早く滅亡する事を、我らが父【神】に祈ります(本気祈)†】ご覧の皆さま、天皇一族の邪悪の正体、正しくご理解頂けているでしょうか。皆さまも許せない気持ちに包まれている事を信じずにはいられません。ここで僕、たきざわ彰人から父なる【神】に祈りを捧げます。

シルバーバーチの祈り⑥』
神よ、いつの時代にも霊覚者たちは地上世界の彼方に存在する霊的世界を垣間見ておりました。ある者は霊視状態で、ある者は入神(トランス)の境地で、またある者は夢の中においてそれを捉えあなたの無限なる荘厳さと神々しき壮麗さの幾ばくかを認識したのでした。

シルバーバーチの祈り⑥』
不意の霊力のほとばしりによる啓示を得て彼らはこれぞ真理なり―全宇宙を支配する永遠にして不変・不動の摂理であると公言したのでした。

f:id:ar7-akito-takizawa:20170127092247j:plain

美人の母親から女の子の赤ちゃんを盗み続け、幼い時からレイプし続け、暴力をふるい、女の子の心をズタズタに引き裂き、大人になる前に四肢切断して強姦殺人し、その死肉を食べ続ける【強姦殺人魔】【人食人種】の天皇一族が、1日も早く逮捕されて死刑になる事を、我らが父【神】に祈ります(祈)†

奴隷の女の子たちは助けてくれる親もなく、日々天皇一族男子に心も体も凌辱され続けています。【地球ワースト1】の原始人の蛮行が、現在も邸内でまかり通っているのです。天皇一族は想像を絶する人数の女の子を殺して死肉を食べているのです。天皇一族の滅亡を、我らが父【神】に祈ります(祈)†

【処刑遊び】天皇一族は、奴隷の女の子を四肢切断してレイプして殺す事を【遊び】【楽しみ】【喜び】として続けているのです。僕たち人間は、神の御前において絶対的に平等です。奴隷の女の子たちも【神の子】です。その女の子を殺し続ける天皇一族の消滅を、我らが父【神】に祈ります(祈)†

天皇一族は、宮内庁を駆使して長い年月にわたり国民をダマし続けてきました。自分たちが強姦殺人魔である事を隠し続けてきました。が、神の因果律は寸分の狂いもなく機能します。ウソをつき続け、女の子を殺し続けた大罪が、相応の罰となって天皇一族に降りかかる事を、我らが父【神】に祈ります祈†

【国家犯罪】奴隷の女の子たちは、いわば“日本国”に殺されているのです。宮内庁皇宮警察は強姦殺人魔、天皇一族とグルになって強姦殺人ほう助をし続けています。ポリーチェ(POLICE)が正義の使命に立ち上がり、邪悪の大中心、天皇一族を逮捕する事を、我らが父【神】に祈ります(祈)†

【神の因果律】は絶対に公正です。良い行いは良い結果を生み、悪い行いは悪い結果を招きます。天皇一族は帰幽すれば暗黒の底に落ちますが、願わくば地上生活中に因果律が正しく発動して、死刑もしくは自殺になる事を、我らが父【神】に祈ります祈†

f:id:ar7-akito-takizawa:20170126092651j:plain

“あたしたちの泣き叫ぶ声”にて紹介させて頂いたムービーについての追加説明(祈)†

【“あたしたちの泣き叫ぶ声”にて紹介させて頂いたムービーについての追加説明(祈)†】ブログ「あたしたちの泣き叫ぶ声https://t.co/dBnkuH09Hu」で、幼い女の子が大人男子に押し倒されて往復ビンタされる映像を霊視に拝した事を書きましたが、その大人男子、→

→人物の特定はできなかったのですが、流れから考えて、やはり秋篠宮文仁である事は間違いないでしょう。つまり邸内で日常的に奴隷の女の子にあのような蛮行を繰り返しているという事です。本当に、まるで野獣のような動きだったのです。幼い奴隷の女の子に問答無用で飛び掛かって床に押し倒し、→

→女の子の上に乗っかって思いっきり力を込めて往復ビンタをしていたのです。女の子の事を想う気持ちは1ミリたりとも感じられず「ガルルル!」という吠え声が聞こえてきそうな、21世紀に生きる人間の所業とはとても思えない、完全に野獣の動きだったのです。

どうりで霊団が「すごい怒ってるよ」と僕の霊聴に響かせてくる訳です。霊団もMAXに天皇一族に怒っているという事です。ブログ「文仁レイプ魔の超鮮明映像https://t.co/Ox7KokRSF2」でも、秋篠宮文仁が金髪女優をレイプする様子を紹介させて頂きましたが、→

→その時と同じくらい全力で野獣の動きだったのです。本当に許せない気持ちが止めどなくこみあげてくるのです。秋篠宮文仁しかり、明仁徳仁悠仁しかり、天皇一族男子が女の子の事を全く人間扱いしていないという事が心底よくわかるムービーだったのです。本当にヒドイ映像でした。

ブログを書いた直後のトランス時に霊団からは「任務終了、確定、使命遂行完了」とインスピレーションを受け取らせて頂きました。本当にそうなって欲しいです。交霊会を行うのが僕が地上に残された目的ですが、この野獣、原始人、野蛮人の天皇一族を本当に葬り去りたい気持ちでいっぱいです。

使命遂行完了でありますように。天皇一族(明仁徳仁文仁悠仁)が1日も早く逮捕、死刑になりますように。自殺しますように。滅亡しますように。僕、たきざわ彰人は全身全霊をかけて天皇一族の消滅を祈ります(本気祈)†

f:id:ar7-akito-takizawa:20170126092651j:plain

“あたしたちの泣き叫ぶ声”天皇一族は、現在邸内にいる奴隷の女の子たちを皆殺しにするつもりです(祈)†

【“あたしたちの泣き叫ぶ声”天皇一族は、現在邸内にいる奴隷の女の子たちを皆殺しにするつもりです(祈)†】天皇一族の仕事は、奴隷の女の子を幼い時からレイプし、大人になる前に四肢切断して殺し、その死肉を食べ続ける事です。想像を絶する人数の女の子を殺して肉を食べているのです。

「あたしたちの泣き叫ぶ声」これは霊団が降らせた、奴隷の女の子たちの心情のインスピレーションですが、先ほどトランス時に、まだ幼い女の子が大人男子に床に押し倒され、往復ビンタを受けて泣き叫ぶ映像を霊視に拝しました。原始人としか言いようのない、猛烈に怒りがこみ上げてくる映像→

→だった訳ですが、この映像の後に、霊団が僕の霊聴に「すごい怒ってるよ」と響かせてきました。天皇一族は1400年もの長きにわたり、城の中で国民に隠れて奴隷の女の子にこのような蛮行を繰り返してきた、我々はそれをずっと心を痛めて見つめていた、我々はこの悪の一族を決して許しはしない…→

→こういう霊団のご意思が伺えるインスピレーションですね。ブログ「地球ワースト1 http://bit.ly/2kodOXR 」の中でも「憎いんですもん、地獄に落としたくてしょうがない」という霊団のご意思のインスピレーションを紹介させて頂きました。

そしてここにきて、ブログ「奴隷の女の子8人を全員殺す http://bit.ly/2az3SUi 」にて紹介させて頂いたシチュ、天皇一族が奴隷の女の子を全員殺して“とぼける”可能性を霊団が強調してきています。離脱時にこのような映像も拝しました。そのツイートがこちらです→

-----
幽体離脱時、ジェットコースターに奴隷の女の子たちが縛り付けられ、大玉花火が搭載され、死にたくないと泣き叫ぶ幼い女の子を無視してジェットコースターは発進し、花火が炸裂するという映像を拝しました。「女の子全員殺す気だ」とも降りました。本当に天皇一族の蛮行を許す事ができません祈†
-----

はい。僕のブログ、ツイッターをご覧の皆さまはもうお分かりの事と思うのですが、僕は天皇一族の悪の思念を霊団からひたすら教えて頂いていますが、どれもこれも「殺す、殺す、殺す」天皇一族の頭の中はただこれだけなのです。奴隷の女の子の事も殺す、殺す、殺す。

自分たちに都合の悪い人間も殺す、殺す、殺す。天皇一族のコミュニケーションスキルは「脅す」と「殺す」これだけです。問題解決方法は「殺す」で、殺したあと「脅して」国民を黙らせる、ただこれだけです。これは人と人のやりとりではなく、そこに愛念や信頼関係というものは存在せず、→

→ただ奴隷の女の子をレイプし続けるために周りの人間を脅し続け殺し続けるという、コミュニケーション能力ゼロの「野蛮人、原始人」だという事です。現在邸内地下にに閉じ込められている、ももちゃんはじめ奴隷の女の子たちは霊団の導きによって必ず救出しますが、→

→皆さまも同じように思って下さっていると強く信じますが…本当に天皇一族の悪の思念、その幼稚ぶりに呆れ返ってアゴが外れそうです…(呆)ただ、僕の感触としては、この霊団からのメッセージはやはり天皇一族に対する“牽制”であって、実際は奴隷の女の子は皆殺しにはならないと考えています。

何しろ天皇一族男子はレイプが人生の全て、頭の中はS〇Xの事だけですから、奴隷の女の子を失ったらレイプができなくなってしまいますので(他の女子、特に大人の女性には相手にもされませんので)そう簡単には手放さないはずだ、と思っています。

f:id:ar7-akito-takizawa:20170125080345j:plain

そして、この僕の考えを裏付けるようなインスピレーションも受け取らせて頂いています。「もうすぐ行くよ、連れてかれちゃう、さて本番です、女の子も連れてかれる」これは、天皇一族を疎ましく思う方々(宮内庁の女性職員でしょうか)に僕が連れて行かれるという意味で、場所は邸内でしょう。

そして奴隷の女の子たちも女性職員に保護されて、邸内の僕の所に連れてこられる、そういう意味のメッセージです。僕的にもぜひこういうシチュに突入して欲しいと切望しています。とにかく幼くしてヒドイ目に遭わされ続けている奴隷の女の子たちを救出せねばなりません。

何より霊団がそのようにご意思を示しておられるのです。全く人間扱いされていない、食肉扱いの奴隷の女の子たちには、僕からしてあげたい事がたくさんたくさんあります。ブログ「奴隷の女の子にも心があります http://bit.ly/2kofErL 」

ショート録音「奴隷の女の子たちの教育についてお話させて頂きました http://bit.ly/2kpxma1 」ショート録音「ももちゃん殺される、奴隷の女の子殺される http://bit.ly/2kpxZkd 」

ブログ「ももちゃんたちを安心させてあげたい http://bit.ly/2kpE7Zz 」にて僕の考えを紹介させて頂いています。とにかく絶対に天皇一族を許しません。奴隷の女の子たちは殺させません。必ず救出します(本気祈)†

f:id:ar7-akito-takizawa:20170125080504j:plain

-----

はい、ではその他にもインスピレーションを受け取らせて頂いていますので、そちらをご紹介したいと思います。「ガン行くわ」これは天皇一族男子が“ガン”になって死ぬというメッセージですが、以前から数回、霊団が天皇一族男子に“病気のタネ”を植え付けているというメッセージを受け取らせて→

→頂いていました。いよいよその“病気のタネ”が発動するという事です。それは素晴らしい。女の子を【処刑遊び】で殺しまくっている人間には悲劇が訪れて当然なのです。シルバーバーチ霊も仰っているように、物質界に“偶然”というものはありません。全ては原因に対する結果なのです。

天皇一族男子が“ガン”で死ぬのも、女の子を遊びでレイプして殺しまくってきた行為に対する当然の結果なのです。逮捕されて死刑もよし、自殺もよし、ガンで死ぬのもよし、とにかく霊団が天皇一族を地獄の底の底に叩き落すという事です。

f:id:ar7-akito-takizawa:20170125080544j:plain

インスピレーション「どれだけ隠し事が」天皇一族はウソのかたまりです。宮内庁を駆使して発布する画像、映像も全てウソ。僕が画像スキャンのために仕方なく購入している季刊誌も本当にヒドイ内容で怒りさえ覚えます。とにかく女の子をレイプして殺し続けるために全てをウソで塗り固めているのです。

インスピレーション「20年前、近い事が」これはピーチピチ(佳子)を盗んだ時期ですね。文仁がピーチピチを盗んだ事がバレて、それを脅して殺して隠した、そういう事があったのでしょうか。僕は分からないのですが。ただこの件に関して過去、霊団からの情報に基いて2つのブログも書いています→

→ブログ「ピーチピチの父親は5人殺してますよ http://bit.ly/2ax9mSN 」ブログ「ピーチピチの父親が5人殺している事に関する霊団からの追加情報 http://bit.ly/2kpzzm3 」こちらも参考にして頂きたいと思います。

インスピレーション「女の子を殺しまくっている、これは正解なの」僕のブログを読んで下さった方々の思念ですね。皆さま、何度でも繰り返させて頂きますが、天皇一族は1400年もの長きにわたり奴隷の女の子をレイプして四肢切断して殺してその死肉を食べるという蛮行を繰り返しているのです。→

→霊団から「古代エジプトのマネ」という風に受け取らせて頂いた事もあります。ピラミッドの地下には、王に殺された幼い女の子の死体がたくさん埋まっているという事です。皇居はもともと城でしたから、皇居の地下にもたくさん城主に殺された奴隷の女の子の死体が埋まっている事でしょう。

インスピレーション「自分たちの事を天皇などと呼び」これは天皇一族の邪悪の正体を理解した国民の皆さまの思念であって欲しいですね。つまり国民は天皇一族の事を象徴などと認めていないという事です。当然です。レイプ殺人常習犯、人食人種、この大犯罪人が日本の象徴の訳がありません。

インスピレーション「これが遊びとは思えない」これも僕のブログを見て下さってる方々の思念ですね。特に前アカからご覧頂いている方々には大いにご納得頂けたのではないでしょうか。お遊び、おふざけでこのブログは書けませんね?そうです。天皇一族は【地球ワースト1】の殺人鬼なのです。

インスピレーション「何度も変えてるパスワード」これはブログ「扉を僕は開けられる http://bit.ly/2kq5UJu 」にて書かせて頂いた、邸内地下にある巨大金庫のパスワードの事です。この地下金庫には、僕たち国民の血税を盗んだ金銀財宝が隠されています。→

→さらにブログ「4つの資料どうぞ http://bit.ly/2kpZwlw 」にて紹介させて頂いた、奴隷の女の子たちをレイプ、四肢切断、強姦殺人する様子を撮影した膨大な画像、映像もその金庫内に隠してあるものと思われます。「扉を僕は開けられる」の方でも説明させて→

→頂いていますが、僕は霊団に地下金庫のパスワード(数字5文字)を教えて頂いています。さらに、天皇一族がパスワードを変えるたびに、その変更されたパスワードを受け取らせて頂いており、その数字を全てメモしてあります。現在の最新変更パスワードも僕は知っています。なので天皇一族が→

→何度パスワードを変更しようが、僕は霊団からそのつどパスワードの数字を教えて頂けるので、僕は必ず地下金庫を開けられるという事になります。そしてブログでも書いていますが、その金庫内の財宝は元々国民の血税ですから、僕がその地下金庫を開けた暁には、金庫内の財宝を全て現金化して→

→国民の皆さまに“大還元”しようと考えています。さらに奴隷の女の子たちのレイプ、四肢切断、強姦殺人の様子を撮影した画像、映像を「黒歴史まとめ」として、皆さまにもご覧頂ける形にまとめてWebにUPする事も考えています。これは日本の歴史上、大変重要な作業となります。

インスピレーション「絶対許さない、キミたちはダメだ、警察に届けなくちゃ、メディアに教えてやる」これも皆さまの天皇一族に対する怒りの思念です。僕も脅迫罪で文仁を訴えるブログを前アカで書き、さらにポリーチェ(POLICE)に110番した事もあります。その時の様子は→

→ショート録音「三島由紀夫の件について http://bit.ly/2kpEPWz 」の後半部分で、刑事と一緒にセブンの防犯映像を見て、その後、刑事がグズってうやむやにされて脅迫罪の訴えを無きものにされてしまった事を説明しています。良ければお聞きになってみて下さい。

インスピレーション「広島の人だよ、きっと突き止めるよ」広島在住の方が僕のブログを見て下さって、天皇一族の悪の正体を突き止めるという意味でしょうか。広島と言えば原爆投下ですが、僕は全然詳しくなかったのですが、平井宏明氏のブログを見て、過去の大戦が天皇一族の愚行によって→

→引き起こされた事を知りました。特に若い中高生は知らないでしょうから、ぜひ平井氏のブログも読んで、天皇一族が酷い人間である事を理解しましょう。
平井氏ツイッター
http://bit.ly/2k65Xd6
平井氏ブログ
http://amba.to/2k5WD98

インスピレーション「悪の一族、イライラしてくる」これも天皇一族の邪悪の正体を理解した皆さまの思念です。イライラして当然ですね。僕たちの血税でのうのうと暮らしながら奴隷の女の子をレイプしまくって遊びで殺しまくって死肉を食べまくっているのですから。まさに正常な思念です。

-----

はい、では最後にブログ「僕が天皇一族に暗殺されるにあたっての脳内シミュレーション https://t.co/N0WRUogGpQ 」も書かせて頂いた通り、僕は天皇一族に暗殺される可能性がある訳ですが(実際は“シールド環境整ってます”ですから暗殺されないと思ってますが)→

→ブログ「イエス様が“磔刑”を回避する映像 http://bit.ly/2axaNR5 」でも紹介させて頂いた、天皇の命令を受けて僕を暗殺する「スナイパーチーム」ですが、皆さま、よくお考え頂きたいと思うのです。宮内庁の中にはライフルの使用技術に熟練した者はいませんね?→

→しかし皇宮警察の中には銃やライフルの使用技術に長けた者がたくさんいますね?日常的に射撃訓練もしているでしょうからね。そうです、スナイパーチームとはポリーチェ(POLICE)の事なのです。強姦殺人魔、人食人種の天皇一族を逮捕するはずのポリーチェが僕を暗殺するのです。

物質界(地上)は、霊が魂の鍛錬のために送り込まれてくるトレーニングセンターであり、混沌と理不尽に満ちた世界ですが、このスナイパーチームの一件も、まさに理不尽の究極形と言えますね。レイプ殺人常習犯、地球ワースト1の殺人鬼、天皇一族(明仁徳仁文仁悠仁)を逮捕もせず逆に擁護し→

→その悪の正体を公言し続ける僕を暗殺するというのですから、本当に呆れ返って腰が砕けます(呆)霊団は「宮内庁消滅」と仰っています。宮内庁の仕事は天皇一族が善人であると国民を欺き続ける事と、奴隷の女の子の強姦殺人ほう助ですので、天皇一族の滅亡と同時に宮内庁は仕事が無くなり→

→無用の組織となりますので、消滅するのは当たり前の事なのですが、ポリーチェは消滅しませんので、天皇一族が滅亡した際に、国民にこれまでの皇宮警察としての仕事をどう説明するつもりなのでしょうか?強姦殺人魔、レイプ殺人常習犯、処刑遊び、人食人種の天皇一族を逮捕もせず、→

→ずっと擁護し続けた事をどう国民に説明、正当化するつもりなのでしょう。ポリーチェ(POLICE)は僕の、文仁を脅迫罪で訴えた、その訴えも反故にしました。そのうえ僕を暗殺しますか?あくまでも強姦殺人魔を擁護しますか?それに納得する国民が果たして1人でもいるでしょうか?

ポリーチェの仕事とは何ですか?悪人、罪人を逮捕し、国民の安全を守る事ではないのですか?その守るべき国民を暗殺し、逮捕すべき殺人鬼を守るとは、これは一体どういう事なのでしょうか?ぜひ説明して頂きたいものです。ピーチピチ(佳子)の新刊本の中にも皇宮警察を紹介するページがありますが→

→全力で強姦殺人魔を擁護するその様子が、もう本当に最悪です(呆)ポリーチェ、僕は前アカからずっと公言していますよね、いつになったら地球上で最も邪悪な人間、天皇一族を逮捕するのですか?そんな事ではポリーチェ(POLICE)としての存在意義を問われますよ。

いい加減にポリーチェ(POLICE)には当たり前の仕事をして頂きたいと思います。天皇一族(明仁徳仁文仁悠仁)を逮捕して下さい。今すぐです。何が僕を暗殺ですか。悪の手先も本当にいい加減にしなさい(祈)†

f:id:ar7-akito-takizawa:20170125080838j:plain

僕が天皇一族に暗殺されるにあたっての脳内シミュレーション(祈)†

霊団から何度も“僕が暗殺される”というメセを受取らせて頂いてますが、その可能性について脳内シミュレーションをすると、やはり「山」で暗殺するのが遭難と見せかけられるので理想のように、一般的には思う事でしょう。が、果てしなく山に行きまくって山を知り尽くしている僕から言わせれば→

→やはりそれは素人の安易な考えという事になります。まず天皇から20万を渡されて暗殺を依頼される暗殺者は、普段山に行った事などない人間でしょう。そういう山を知らない人間が、僕がいつも突入していく山の深部まで登って到達するというのは全く考えられない事です。一般のハイカーは→

→まずスタート地点から登り始め、僕よりはるかに遅いスピードでだいぶ時間をかけて標高の高い深部にある山小屋に到着し、そこで1泊します。そして翌日に山頂を目指し、そのまま下山するか、もしくはもう1泊して翌日に下山する、という2泊3日のスケジュールで山に入ります。が、僕は今まで→

→1度たりとも山小屋泊をした事がありません。一般のハイカーが2泊3日で進む行程を、僕は1日で、8~9時間で走破してゴールするという事をやっているのです。1年に52回、この修行をやっているのです。なので、普段山に入らない暗殺者が僕のスピードについて来れるとは到底思えないのです。→

→暗殺者は標高の高い山小屋に到着した時にはもうヘトヘトで、僕の暗殺どころではないはず。さらに僕はナイトアタックです。深夜の山をヘッドライトで進むというのは大変な勇気が要求されます。さらに深夜の山は気温が低く、稜線に出ようものなら冷たい風を浴び続ける事になります。その中で→

→暗殺者は僕が現れるのをステイして待たねばなりません。このステイ、大変危険なのです。1度動きを止めるとあっという間に低体温に襲われます。山に不慣れな暗殺者は間違いなくステイできなくて山小屋に戻るでしょう。さらに、僕を運良く暗殺できたとして、その死体を隠す作業、これも大変→

→ハードな作業になります。登山道上に死体を置いておいたらあっという間にハイカーに発見されてしまいますから登山道を外れた所に運ばねばなりませんが、これは大変甘い考えです。登山道を外れた所は急こう配で、下ったはいいが登って戻ってこれない、そういう危険な場所がたくさんあるのです。→

→では山の深部が難しいならスタート地点付近で暗殺、なんて事をしたらあっという間にハイカーに死体を発見されてしまいます。ここに説明した全行程を見事にやり切って、つまり僕の暗殺に成功して、目撃者もなく無事に暗殺者が下山できる可能性を、僕なりに考えると…2%以下だと思います。→

→山に不慣れな暗殺者が、たった20万で、山の深部まで登って低温の中ステイして、僕の遺体を登山道から外れた所に運び、さらに下山する…そんな体力は絶対に無いと断言します。山を甘く見てもらっては困ります。なので、この脳内シミュレーションから、僕の山での暗殺は無いと考えます。→

→とは言え油断はできませんので、一応防衛策として毎週アタックする山域を変える、という事をやろうと考えてます。待ち伏せできなければ暗殺もできませんからね。僕のブログ、ツイッターが僕の生命バロメーターです。毎日更新していきます(祈)†

f:id:ar7-akito-takizawa:20170122100413j:plain